ZAPZAP! 世界の面白いニュース

アメリカの軍事

image_267

欧米で開発が始まっている第6世代戦闘機。特にアメリカではどのような形になるのか明らかになっていないのですが、先日航空軍需大手のロッキード・マーティンの試験場で未確認の機体が試験されている様子が撮影されたとして話題になっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_146

次世代兵器として一部で運用されているのはレーザー兵器です。これに関してアメリカ空軍は戦闘機に搭載可能なサイズまで小型化したレーザー兵器に関して、飛行中を再現できる風洞施設で実験を進めていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

B-21_3

アメリカ空軍が保有する爆撃機として最新型となるB-21。この機体はノースロップ・グラマンが開発中の機体になるのですが、現在の進捗状況について米空軍は現在5機生産していると発表したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_245

その飛行能力や他にはない柔軟な積載力などから、様々な装備が搭載される輸送機。これに関してアメリカ空軍が運用する特殊部隊作戦機となるMC-130Jにフロートを搭載し、水上から運用可能にする機体が現在開発されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_240

2008年に米空軍から退役したF-117。世界初の実用・量産ステルス機としてその強烈な見た目から、映画など描かれる機体なのですが、これに関して非公式に飛行していることが航空ファンの間で長年噂されていたのですが、先日、防総省のサイトで運用している様子が初公開されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_233

海外の軍事系メィディアによると、現地時間今月14日アメリカ空軍のステルス爆撃機B-2が着陸時に滑走路から外れる事故があったと伝えています。当時、B-2は何らかの機体トラブルがあったらしく、緊急着陸していたとのことです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_232

アメリカで近年、数多く目撃されているF-117。アメリカが配備した世界初の実用型ステルス機になるのですが、先日F-117がカリフォルニア州の軍民空港に着陸し、SNSで話題になったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_210

私達一般人と軍の航空機が出会う場面は滅多に無いのですが、その貴重な機会となるのが航空ショーです。これは多くの国、地域で行われているのですが、先日アメリカ本土で行われたイベントで展示飛行に誤って音速を突破し衝撃波が発生する出来事があったと伝えられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_199

米国防総省によると、無人船に搭載可能な一般的なコンテナにスタンダード6ミサイル(SM-6)を搭載し発射する試験を実施したと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_62

アメリカが中心となり開発された西側では最新鋭戦闘機F-35。これに関してアメリカではF-35のパイロットが低酸素状態、つまり意識を失ったり正常な判断ができなくなる(=墜落の危険性が極めて高くなる)問題が発生していると是正措置が提案されていると報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ