ZAPZAP!

アメリカの軍事

V-280_1

先月末、最初のプロトタイプであるV-280に関してデモフライトが実施され、これまで『ぼかし』などを入れられ確認できなかった同機のギヤボックスが初公開となったそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-15 梯子

アメリカ本土で開催された野球の試合で記念飛行した米空軍のF-15Cに関して、搭載されている乗り降り用の折りたたみハシゴが飛行中に飛び出してしまうという珍しい事故が発生したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_26

極超音速で飛行する砲弾を200km以上先の目標にまで飛ばす電磁レールガン。現在、アメリカでは艦艇に搭載するタイプが開発されていますが、車両に搭載する陸軍版電磁レールガンについてプロトタイプを開発していくと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

グレムリン計画

空中で中型のドローンを展開し、それらドローンを輸送機で回収するという空中空母『グレムリン プログラム』。DARPAはこれらドローンを回収するなどの初期試験を既に実施していることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

V-280

アメリカ陸軍での運用を目指し開発が進められているティルトローター機 V-280 バロー。この機体に関して、先日行われた試験飛行でローターを前方方向に向けた水平飛行が実施しました。今回の試験では車輪を出した状態で352km/hの飛行速度に達したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_55

2016年、アメリカ軍が行った輸送機から軍用車両を空中投下する訓練で一度に3両が投下に失敗し地面に激突した事故について、軍人の一人がパラシュートのヒモを意図的に切るなどして落下させていた有罪判決を受けたと続報がありました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

極超音速巡航ミサイル

宇宙空間を飛行するのではなく極超音速で大気圏内を飛行し目標を叩く新型巡航ミサイル。この手の兵器に関しては中国やロシアが開発を進めているとされるのですが、米国防総省はロッキード・マーティンに開発・試作兵器の製造を行う契約を行ったと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-22_1

米軍機の事故が相次いでいるという統計が報告されましたが、最近アメリカ空軍が配備しているステルス戦闘機F-22が離陸に失敗し滑走路に胴体着陸してしまう出来事があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_85

世界最大の軍事力を誇るアメリカ。日本国内にも複数箇所に米軍基地が存在しているのですが、最近多発している印象のある米軍機の事故に関して、海外メディアによると2013年度に比べ昨年度は40%増加していたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

MQ-25_ロッキード・マーティン_1

空母から発艦し着艦することができる次世代の無人機開発を続けているアメリカ企業。そのうちロッキード・マーティン、スカンクワークスが開発するMQ-25のイメージ映像が公開されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ