ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

タグ:インドの軍事

空母から飛び立つ艦載機。その選定を行っていたインド海軍は次期艦上戦闘機として海軍型のラファールMを導入することを決定したと報じています。一方で争っていた米ボーイングのF/A-18E/Fは敗れる形となりました。

日々高まりつつあるドローンによる攻撃。これに関して各国はドローンを無力化したり、場合によっては撃墜するミサイルやレーザーが開発しているのですが、そんななかインドが開発したという兵器が撮影されました。

インドが空母を持っているというのは、ご存知方も多くはないと思われるのですが、先日インド国防省が非常に珍しい海軍の兵士らが空母の飛行甲板でヨガを実施したと発表しました。

最近、特に欧米で計画されていたりすでに試験機が開発されているロイヤルウィングマンという構想。有人機の僚機を安価で高性能なステルス無人機に置き換えるという案になるのですが、これに関して同じ構想でデザインされたインドのロイヤルウィングマンがアメリカで開発され

航空大手ボーイングは現在アメリカ海軍の空母で運用されているF/A-18E/F スーパーホーネットを用いて地上に設けられた空母を模したスキージャンプ台から飛び立つという非常に珍しい映像を公開しました。アメリカではこのような飛行甲板の空母、強襲揚陸艦を保有していないの