ZAPZAP!

ゲートウェイ

HALO_PPE

NASAは2025年以降、つまり国際宇宙ステーションの事実上の退役に合わせ次の活動拠点としているのは月の軌道上に建設されるゲートウェイ(LOP-G)と呼ばれる小型の宇宙ステーションです。この初期のモジュール打ち上げに関してNASAはスペースXのファルコン・ヘビーを用いて一度に2つのモジュールを軌道に送ると発表しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲートウェイ

日本政府によると、アメリカが主体となり将来の有人月面、火星着陸を実施する拠点となる月軌道上の宇宙ステーション『ゲートウェイ』に関して、NASAと覚書を交わしたとして正式に参画することとなったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_37

アメリカが中心となり開発・建造が始まる月軌道上の小型宇宙ステーション『ゲートウェイ』。これに関してゲートウェイへの物資輸送に関してスペースXが新たに開発するドラゴンXLが採用されることが決定されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_136

アメリカが中心となり開発を目指す月の宇宙ステーション『ゲートウェイ』。欧州や日本が参画を発表しているのですが、これに関してロシアが「参画交渉に参加する用意ができている」などと態度を示していることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_42

アメリカが2020年代にも実施する予定の再月面有人着陸。これはアルテミス計画などと呼ばれているのですが、一連の月探査に関してNASAの長官は昨年9月に日米の宇宙飛行士が共に月面有人着陸を実施する計画を日本側に提案していたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

国際宇宙ステーション引退を控え次なる宇宙開発としてアメリカが計画しているアルテミス計画に関して、日本の内閣府宇宙政策委員会はこの計画に正式参画する方針を明らかにしました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Large Inflatable Fabric Environment_1

アメリカの民間企業シエラ・ネバタ社が開発しているのはスペースプレーンだけではありません。実は宇宙で宇宙飛行士らが活動するモジュールの開発も進めています。これはLIFEと呼ばれるもので宇宙でふくらませることで直径8mの巨大モジュールとして利用することができます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_148

アメリカが2024年に再び実施しようとしている有人月面着陸に関して、中継基地となる月軌道に建設されるゲートウェイという小型宇宙ステーションに関して、そのモジュールの一つの製造にマクサー・テクノロジーズと契約を交わしたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_91

アメリカによる今後の宇宙開発として月面開発、特に有人による月面探査を2024年に行うとトランプ政権が推し進めています。これに関してNASAはその実現のために追加で16億ドル、日本円で約1750億円の追加予算を議会に要請することを発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_108

2020年代の国際宇宙ステーション引退を控え、NASAは月軌道に小型の宇宙ステーション『ゲートウェイ』を建設する計画が進んでいます。結果的にアメリカの構想に各国が国際協力するという形に収まりつつあるのですが、現在想定される各国による建設分担案が示されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ