ZAPZAP! 世界の面白いニュース

スターシップ

image_28

2024年頃に再度有人月面着陸を行うとしているアメリカ。日本のJAXAもかなり興味を示しており日本人初の月面着陸の機会も伺っているのですが、この月面着陸を成功させる着陸船に関して、NASAはスペースXのスターシップの派生型を選定し、JAXAの予算の約2年分となる29億ドルという巨額の契約を結んだと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_146

アメリカの民間企業が運用を目指す超大型宇宙船となるスターシップの大気圏内試験機であるスターシップSN10(シリアルナンバー10)による離着陸試験が行われたもの、着陸に成功した後に爆発してしまう事故がありました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_133

低コストでロケットを打ち上げる再利用型ロケット。これはロケット本体を地上に返すことが必須となるのですが、これに関して草分け的存在のスペースXは発射台を使ってロケットを空中キャッチする方法を進める考えを示しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_26

アメリカの民間宇宙企業スペースXが運用を目指し開発を続けているスターシップという超大型宇宙船に関して、試験機として作られたばかりの3号機で何らかのトラブルが発生し失われていたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image126

アメリカの民間宇宙企業スペースXは、運用を目指す超大型宇宙船スターシップに関して圧力試験を行っていたところ爆発する事故があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_59

アメリカの民間宇宙企業、スペースXは現在同社が運用を目指し開発を進めているスターシップの試験機で爆発事故が発生したと海外メディアが伝えています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

アメリカでは当たり前のように民間企業がロケットを打ち上げ、国際宇宙ステーションに物資などを輸送しています。その草分け的存在のスペースXが現在開発しているのはスターシップという超大型宇宙船です。同社のCEOによると、この宇宙船の1回あたりの打ち上げコストはたった2億円になると主張しているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_22

民間宇宙企業の草分け的存在になったスペースX。同社のCEO イーロン・マスク氏は先日開発中の超大型宇宙船 スターシップに関するプレゼンテーションを行い今後の計画と最新の仕様について発表を行いました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_90

アメリカの民間宇宙開発企業スペースXが開発している新型ロケット『スターシップ』についてプロトタイプとなるスターホッパーの高度150mおよび垂直着陸試験に成功しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スターホッパー_1

アメリカの民間企業スペースXが開発している超大型宇宙船となるスターシップのプロトタイプとして開発中の「スターホッパー」という試験機に関して先日エンジンの燃焼試験が実施され、わずかながら飛行したとも報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ