ZAPZAP!

スターライナー

image_62

NASAが進めている民間企業、スペースXとボーイングが開発した宇宙船で宇宙飛行士打ち上げる計画に関してNASAは2社が最初に行う無人打ち上げについて手続きの送れからそれぞれ打ち上げを延期すると発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_14

アメリカの航空大手ボーイングが国際宇宙ステーションへの宇宙飛行士打ち上げ用として開発しているCST-100『スターライナー』に関して、先日宇宙船に搭載されているエンジンの燃焼試験で推進剤が漏れる異常があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

cst 100 starliner and dragon v2

現在NASAとの契約の元開発が進められているスペースXの『ドラゴンV2』とボーイングの『CST-100 スターライナー』。この2機種について来年にも無人打ち上げが実施される予定だと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image26

主に低軌道への宇宙飛行士打ち上げたのめ運用されるボーイングの有人宇宙船『スターライナー』の開発が続けられています。実はこれまで画像ではソーラーパネルが搭載されるようでその実物の写真が公開されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_86

国際宇宙ステーションへの人員輸送を民間企業に行わせるNASAの商業宇宙船計画。選定された企業の1つボーイングに関して、開発している有人宇宙船CST-100「スターライナー」の初打ち上げが2018年12月以降に延期されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スターライナー

ボーイングが開発した有人宇宙船CST-100 スターライナーについて当初2017年12月までに人を載せた初飛行を行うと発表していたものの、これを2018年以降に延期する発表を行っているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CST-100_1

ボーイングが開発したアメリカの次世代有人宇宙船の1つ「CST-100」について、呼び名を「Starliner(スターライナー)」とすることが決定したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CST-100

航空宇宙最大手、ボーイング社は自社が開発した宇宙船CST-100を使用した国際宇宙ステーションへの宇宙飛行士の輸送について、2017年に初打ち上げを行う契約を受注したと発表しているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CST-100

NASAと契約で今後何回か宇宙へ宇宙飛行士を送ることになったボーイングは自社開発の宇宙船で使用する専用の搭乗タワーの建設を行うこととなりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CST-100_1

スペースシャトルが退役し現在宇宙飛行士を宇宙に打ち上げる手段のないアメリカ。現在、民間企業が開発した宇宙船で国際宇宙ステーションへの人員輸送を行う方針が進められているのですが、この審査についてボーイングとベンチャー企業のスペースXが選ばれたと報じられています。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ