ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:ステルス機

韓国で開発が進められているKFX(KF-X)という次世代戦闘機開発に関して最新のデザインが発表されました。しかし、非ステルス機と同じような兵装取り付け位置になっているなど早速問題が指摘されています。その理由は元々第5世代戦闘機ではなく『安価なステルス機』として開発

第5世代戦闘機を実戦配備しているアメリカ。今も多くの国がステルス技術を開発しているのですが、実は航空大手ボーイングは今から50年以上前の1960年代にこれまで知られていなかったステルス技術を開発していたことが明らかになりました。

ロシアでステルス戦闘機が燃えればアメリカでも・・・。今月26日、離陸前に謎の炎上を起こしたF-35Aについてどうやら全損扱いとなり廃棄される見通しとのことです。

先日、ロシアで開発が進むステルス戦闘機Su-57(T-50)が試験飛行を終え着陸した後に突如炎上したと報じられています。追記:2014年6月13日20時40分高解像度写真2枚と事故内容の追記があります。