ZAPZAP! 世界の面白いニュース

スペースX

image_27

ここ最近、有人宇宙船関連で最も注目されているものといえばスペースXが開発中の『スターシップ』です。今後、西側の月面有人探査に使われるのもこの宇宙船の派生型になるのですが、この宇宙船と第1段目となるブースター『スーパーヘビー』が、今月中に初打ち上げを実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_120

アメリカの民間企業スペースXが運用を目指す、超大型宇宙船のスターシップのプロトタイプに関して、先日5回目の試験が行われ、初めて一連の試験に成功したと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_38

地球から赤い星として見える火星。4年に1回大接近し、そのタイミングで地球から火星に向けて多くの探査機が打ち上げれます。これに関して将来、火星への有人探査(旅行)を計画しいてるスペースXのイーロン・マスクCEOは、多くの人が死ぬ可能性があると口にしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_28

2024年頃に再度有人月面着陸を行うとしているアメリカ。日本のJAXAもかなり興味を示しており日本人初の月面着陸の機会も伺っているのですが、この月面着陸を成功させる着陸船に関して、NASAはスペースXのスターシップの派生型を選定し、JAXAの予算の約2年分となる29億ドルという巨額の契約を結んだと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_89

宇宙から地球に落下する宇宙ゴミの中には人工衛星を打ち上げたロケットも含まれるのですが、これに関して今年3月4日に打ち上げられたロケットの残骸がアメリカのワシントン州に落下したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_81

科学研究などの理由ではなく、観光目的で宇宙に行くという新時代。これに関してスペースXは2021年9月15日に「インスピレーション4(Inspiration 4)」という福祉関連の募金キャンペーンの一環として同社初の宇宙旅行を実施すると発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_146

アメリカの民間企業が運用を目指す超大型宇宙船となるスターシップの大気圏内試験機であるスターシップSN10(シリアルナンバー10)による離着陸試験が行われたもの、着陸に成功した後に爆発してしまう事故がありました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_204

現在、アメリカで唯一運用されているのは民間企業であるスペースXが開発した宇宙船クルードラゴンです。当然NASAの厳しい審査の下、運用されているのですが、これに関して年末にも小児がん病院を支援する『寄付の民間宇宙旅行』となるインスピレーション4(Inspiration4)を実施すると発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スターリンク_1

電気とアンテナさえあれば地球どこでもインターネットが繋がる。そんな夢のような新しいインターネット網を構築しようとしているのはアメリカの民間企業スペースXです。このスターリンと呼ばれる宇宙インターネット網について同社が打ち上げた衛生数が1000基の大台を突破しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_133

低コストでロケットを打ち上げる再利用型ロケット。これはロケット本体を地上に返すことが必須となるのですが、これに関して草分け的存在のスペースXは発射台を使ってロケットを空中キャッチする方法を進める考えを示しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ