ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:ドリームチェイサー

スペースシャトルが退役し現在宇宙飛行士を宇宙に打ち上げる手段のないアメリカ。現在、民間企業が開発した宇宙船で国際宇宙ステーションへの人員輸送を行う方針が進められているのですが、この審査についてボーイングとベンチャー企業のスペースXが選ばれたと報じられていま

米民間企業、シエラ・ネバダ社が開発を進めている宇宙船ドリームチェイサーの滑空試験が先月末に行われたものの、着陸時に片方の着陸脚が動作しないというトラブルが発生していたことが明らかになりました。

アメリカでは複数の民間企業が宇宙船を開発し宇宙旅行を行おうとしています。一方で、民間には使用されないものの、NASAと契約し国際宇宙ステーションへの人員輸送を行う宇宙船も開発されています。