ZAPZAP!

ドローン

nimage_114

現代の脅威『ドローン』。私達一般人も購入できるレベルのマルチコプター機に爆弾を搭載するなどして自爆したり上空から爆弾を落としたりと、現代の戦闘が大きく様変わりしているのですが、これに関してロシアのカラシニコフ社が人間には無害な非殺傷兵器となるドローン迎撃用ライフルというものがあります。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_67

神出鬼没のドローン。このドローンに爆弾を搭載するなどして遠距離から攻撃を仕掛けてくるという新しい兵器となっているのですが、この驚異に対して米国防総省は特殊部隊用の対ドローン照準器を開発したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_130

現在の航空機はターボファンエンジンなどの高速回転させることでファンを動かし空気を掻き出すことで高速飛行しています。ではこのようなファンやプロペラを搭載せず飛行させることはできるのか。なんとロシアのエンジニアが羽ばたく航空機を開発し話題になっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_132

一般人も安定して飛行させることができる小型のドローン。このドローンについては既に爆弾を搭載するなどして武装したドローンが飛び回るなど戦場を変える兵器になりつつあります。これに関して現時点で非効率な兵器が使用される米軍は低コストのミサイル開発が続けられていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Zhanfu H16-V12_7

映像製作から観測、偵察など様々な分野で使用されているドローン。一方で軍事兵器としても利用されることが確認されているのですが、先月行われた中国のドローンに関する博覧会でミサイル等で武装できる軍事用ドローンが発表されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_189

小型のドローンを使用不能にする対ドローンライフル。ドローンの普及でゲリラやテロリストが使用することが予想されるのですが、アメリカ陸軍ではこれら兵器化されたドローンの脅威に対応するため定期的な対ドローン訓練が実施されているとのことです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_66

現在ワクチンなどは存在せず、普通の国では感染した豚やその豚肉についてはすべて処分する以外感染を抑制する方法はないのですが、一方中国では犯罪組織が安い豚肉を入手したいがためアフリカ豚コレラを人的に撒かれていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_54

高精度な衝突非回避センサーを備えるなど近年私達一般人でも手軽に空撮撮影を行える時代になりましたが、一方でドローンの飛行時間は短いという欠点があります。この問題に関して米研究チームはドローンの飛行時間をおよそ2倍にできる新しい運用方法を開発しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

誰もが簡単に飛ばせることができるドローン。このドローンに関してドローン規制法改正案が提出されており、今後自衛隊や在日米軍の施設上空を飛行できなくなります。これに関して立憲民主党の蓮舫議員は「国民の知る権利、報道の自由などを理由に報道目的であれば飛行を認める」という対案を提示していたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_7

近年、飛躍的な進歩を遂げた機器としてドローンがあります。このドローンに関してロシアでは空中から交通違反の取り締まりが実施されているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ