ZAPZAP!

ドローン

Zhanfu H16-V12_7

映像製作から観測、偵察など様々な分野で使用されているドローン。一方で軍事兵器としても利用されることが確認されているのですが、先月行われた中国のドローンに関する博覧会でミサイル等で武装できる軍事用ドローンが発表されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_189

小型のドローンを使用不能にする対ドローンライフル。ドローンの普及でゲリラやテロリストが使用することが予想されるのですが、アメリカ陸軍ではこれら兵器化されたドローンの脅威に対応するため定期的な対ドローン訓練が実施されているとのことです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_66

現在ワクチンなどは存在せず、普通の国では感染した豚やその豚肉についてはすべて処分する以外感染を抑制する方法はないのですが、一方中国では犯罪組織が安い豚肉を入手したいがためアフリカ豚コレラを人的に撒かれていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_54

高精度な衝突非回避センサーを備えるなど近年私達一般人でも手軽に空撮撮影を行える時代になりましたが、一方でドローンの飛行時間は短いという欠点があります。この問題に関して米研究チームはドローンの飛行時間をおよそ2倍にできる新しい運用方法を開発しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

誰もが簡単に飛ばせることができるドローン。このドローンに関してドローン規制法改正案が提出されており、今後自衛隊や在日米軍の施設上空を飛行できなくなります。これに関して立憲民主党の蓮舫議員は「国民の知る権利、報道の自由などを理由に報道目的であれば飛行を認める」という対案を提示していたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_7

近年、飛躍的な進歩を遂げた機器としてドローンがあります。このドローンに関してロシアでは空中から交通違反の取り締まりが実施されているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_17

最近、イランがアメリカの空母CVN69『アイゼンハワー』に対してイラン製ドローンを使用し近撮したなどと発表していたのですが、アメリカ側は同空母はイランが主張する海域には「2016年以降派遣したことがない」と発表していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_110

誰でも簡単に離着陸させることができ、本格的な空撮もできるドローン。1万円を切る値段から10万円を超す高価なものも存在しているのですが、韓国ではこの手のドローンに対して規制が強化されるとしており、特に空港付近で無許可で使用した場合は最大で100万ウォン(約10万円)の罰金が課される案が提出される報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

BLOWFISH Pufferfish A2_8

飛躍的な進歩を遂げている無人機分野。一方中国の民間企業『ZIYAN UAV』は最大4発の迫撃砲弾を空中投下できるという無人ヘリ『BLOWFISH Pufferfish A2』を開発したと報じられています。この無人ヘリの最高速度は120km/hとなっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_100

手のひらに収まるものから人が乗り込めるサイズの大型ローンまで開発されている現代。一方でロシアのモスクワ航空大学はこれまで開発されたことはなかったと考えられる散弾銃を搭載したドローンの試験が行われたと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ