ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:ボーイング

アメリカで開発が続けられている民間企業による地球低軌道への有人打ち上げ。既に行われているスペースXのクルードラゴンとこのボーイングのスターライナーがあるのですが、ボーイングについては技術的な問題があるとして有人打ち上げは2ヶ月延期された2023年4月以降となって

アメリカで運用されている宇宙船。現在唯一スペースXのクルードラゴン宇宙船があるのですが、実はもう一つ、NASA以外の民間企業が開発しているものとしてボーイングの『スターライナー』があります。ただ、現在も開発が終わっておらず、2回目の打ち上げ更に遅れると報じられ

有人機が複数の無人機を操り共に敵地に向かう。ゲームではプレイヤーが操縦する機体と共に戦ってくれる頼もしいオプションが存在しますが、米ボーイングは現実世界のオプションとして『ロイヤルウィングマン』と呼ばれる機体の試作機を発表しました。

昨年末、宇宙に打ち上げられたボーイングが開発した宇宙船『スターライナー』。しかし機体トラブルが原因で予定されていたミッションが中断され短期間で地球に帰還しました。この宇宙船に関して新たにソフトウェアの重大なバグがあったという内容が報じられています。

先日、航空宇宙そして軍事大手のボーイングが開発した宇宙船スターライナー(CST-100)が打ち上げられたものの、国際宇宙ステーションへの打ち上げは失敗し短時間で地球に帰還することになりました。その後この宇宙船を分析したところ、搭載されたエンジンが故障するなどトラブ