ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:ロケットラボ

アメリカの民間宇宙開発企業『ロケットラボ』。エレクトロンというロケットを用いて地球低軌道に29回の打ち上げを実施しているのですが、ロケットの再使用に関して海に落ちてしまったエンジンも再使用できることを証明したと報じられています。

ちょっと面白いロケットが計画されているとして前回取り上げたアメリカの民間企業で現在エレクトロンロケットを運用しているロケットラボ。同社が先日『ニュートロン』という次世代ロケットを発表しました。今回は詳しいスペックを紹介していきます。

アメリカの民間企業『ロケット ラボ』が開発したエレクトロンロケットに関して、近日初打ち上げを実施すると報じられています。このロケットはエンジンを3Dプリンタで作り軽量化するなど工夫することで1機あたり5億円という打ち上げコストを実現しています。