ZAPZAP! 世界の面白いニュース

ロシアの軍事

Su-67_5

ロシア現地時間20日、同国の国際航空展示会『MAKS-2021』が開催され、単発ステルス戦闘機『チェックメイト』が正式発表されました。動機は人工知能など最新技術が組み込まれており、初飛行は2023年、将来的に無人型や複座型も開発を予定しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_18

日本人から見るといろいろ違って見えるロシア。そんなお国柄なのですが、先日比較的交通量が多いと考えられる道路に無人の戦車が横転してる状態で見つかったと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Su-67

今月20日から開催されるロシアの航空ショー『MAKS 2021』。これに合わせて、同国のスホーイ社が開発を進めている単発ステルス戦闘機が登場するといくつか写真がでいてたのですが、先日この機体を映した動画が投稿されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアの単発戦闘機_1

MAKS-2021というロシアの国際航空宇宙展示会で初披露されるのはロステック傘下のスホーイが開発した単発軽ステルス戦闘機です。これに関して、覆われた状態の機体が目撃され注目が集まっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_129

ロシア海軍が運用している唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」に関して、再就役が再延期されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_23

ロシアで開発が進められているのは新しいタイプのステルス戦闘機です。この戦闘機の特徴はエンジンを2基搭載したものではなく、1基しか搭載していない単発機になるというものです。これに関してとある軍事評論家がこのような予想をしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Su-47_Su-35C_3

様々な戦闘機を開発し、その発展型も次々に開発されているロシア。最近ドローンで撮影された飛行試験センターにSu-47やSu-57Sのプロトタイプがゴミのように放置されていたと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_24

ロシアが初めて実用型ステルス戦闘機として本格的な運用を始めているSu-57に関して、同機がS70 オホートニク-Bというこちらも無人ステルス機を操る事ができるよう改良していると報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_23

ロシアの主要航空機メーカーとなるスホーイは現在、ロシアとしては非常に珍しい単発、つまり1つのエンジンのみ搭載した軽戦闘機を開発していると報じられています。(画像はF-35)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_137

ロシアのウファという地域で、戦勝記念日のリハーサルを行っていたところ参加していたソ連のT-26軽戦車が燃えるという出来事がありました。この戦車は1931年に配備されたもので大変歴史のある車両となっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ