ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:中国の軍事

中国メディアによると先月開催された北京国際軍民融合装備展で中国企業が開発したという3種類の新型迫撃砲弾(モックアップ)が展示されました。これはGPS信号により空中で向きを変え誘導されるという精密誘導砲弾になります。

中国が2013年頃より建造を進めてきた001A型航空母艦(Type 001A)について、今月26日進水式が行われたと報じられています。001A型航空母艦は001型の遼寧号(旧ソ連製)とほぼ同じ形状をしているものの全長が10mほど大きくなっていいるなど幾つか改良されています。

アメリカなど西側諸国が運用している無人攻撃機。遠くはなれた地点から操作された機体からミサイルを放ち攻撃するという運用方法が採られているのですが、中国ではアメリカで運用されている機体の1/10程度という翼竜2の初飛行に成功したと報じられています。

中国、大連で建造が進められているType 001Aと呼ばれている中国初の国産空母に関して中国メディア参考消息網によると艦名は「『山東号』と命名される」と報じています。

国内外の複数メディアによると、2012年に中国海軍に引き渡された旧ソ連製の空母を改修した『遼寧』について、先日航空母艦艦隊による実弾演習を行ったとしています。同艦が参加した演習としては初の実弾演習になります。