ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:中国の軍事

著しい軍拡をしているのは中国です。この国で開発されている兵器はアメリカ並に多く、謎な兵器も多くあるのですが、今回登場したのは中国のステルス爆撃機とされる兵器です。もちろん真偽不明のものでありこれがいったい何なのかはよくわかっていません。

明らかな軍事大国化に進んでいる中国。最新鋭のステルス戦闘機や空母などの配備が進んでいるのですが、一方でMiG-19という第二次世界大戦後に開発された第2世代ジェット戦闘機、今から70年ほど前に初飛行した機体が魔改造され無人化されていると報じられています。

海外メディアによると成都飛機工業公司という中国初のステルス戦闘機J-20を開発・製造している企業の試験空港で未確認の尾翼がないデルタ形状近い謎の軍用機が撮影されたと報じられています。

今月11日、北朝鮮で開催されたのは朝鮮労働党76周年となるイベントです。その会場には北朝鮮が異常なほど急速に開発を行った各種ミサイル、ロケット砲が展示されました。その中には2021年9月28日に発射した極超音速滑空ミサイルも登場していたことが明らかになりました。

急速に海軍力を増強している中国。今後数隻の空母を保有することがほぼ決定されているのですが、今回はその空母に搭載する空母艦載機についてです。中国航空工業集団有限公司(AVIC)は現在開発中の艦上ステルス戦闘機の試作機を年末にかけて披露すると発表しました。

いつ勃発するか分からない戦争に対して日々訓練を重ねる軍隊。となると、主たる敵国のターゲットが必要になってくるのですが、先日アメリカ軍近くの路上で中国の戦車を模ったダミー戦車が輸送さえている様子が撮影され話題になっています。

急速な軍拡を続けている中国。この中国軍については少なくとも西側のそれに比べると不透明な部分が多く、その動向についても公にならないことも多いのですが、先日中国海軍が配備しているステルス性能をもつ小型ミサイル艇がとある民間企業の40cmあまりの人工衛星のレーダー