ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

タグ:交通

ここ最近、高齢者のドライバーが歩行者を轢いたり店につっこむという交通事故が多発しています。事故原因の多くはアクセルとブレーキを踏み間違えや運転操作の誤りとされているのですが、一方警察はハイビームにすることで事故を減らせると主張しておりネット上で話題になっ

先日ハイビームで走行していた車が襲撃されるという事件が発生しましたが、一方中国ではハイビームで走っていたドライバーの取り締まりが行われ、なんとハイビームに設定した自分の車の前に座らせるという罰が行われたと報じられています。

日本の高速道路関して実は120km/hで設計されている区間が存在し警察庁は最高速度を引き上げが可能かどうか検討していたことに関して、東北自動車道及び新東名高速道路の一部区間を最高速度を110km/hに制限した試行を実施すると報じられています。

自動車のライトはロービームとハイビームがあるのですが道路交通法によると走行用前照灯、いわゆるハイビームを基本的に使用しなければなりません。一方でほとんどの人がロービームを使用していることについて警察庁は歩行者との交通事故につながるとしてハイビームの使用を

中国で社会問題の1つとなっているのは「中国式横断」という交通違反です。要は歩行者の信号無視や無謀な道路横断なのですが、中国ではこれを防止するため大学生がユニークな看板を作ったそうです。