ZAPZAP!

再使用ロケット

ロシア_アムールロケット_3

垂直に打ち上げるロケットを回収し整備、そして再打ち上げ行う再利用ロケット。「実用不可能」とされた技術に世界で始めてアメリカの民間企業『スペースX』が成功させて注目を集めているのですが、ロシアの宇宙機関ロスコスモスが同様のロケット『アムール』の運用を目指す計画を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の再使用ロケット_6

中国が今後開発するロケットの一つとして、ロケットの第1段目を回収するというものがあります。これはスペースXが既に実施しているものなのですが、先月試験機による回収試験が行われ成功したと発表しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_25

現在中国が開発を進めている次世代ロケット長征8号ロケットに関して、部分的な再利用を可能とするスペースXの再利用方式に近いロケットを開発していると報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナロケット_1

現在運用されているロケットの多くが使い捨てとなっているのですが、ロシアでは凍結されていた再使用型ロケット『コロナ』の開発を再開したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

再使用型宇宙輸送システム_1

主にアメリカの民間宇宙企業で開発が進められている再使用ロケットについて日本政府の宇宙政策委員会は同様の性能をもつロケットの開発を検討すると報じられています。このロケットについてはH3の第一段として利用も考えられているとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューグレン_2

Amazon.comの設立者が設立した民間宇宙企業ブルー・オリジンは、昨年9月に発表した大型ロケットニュー・グレンについて人工衛星の打ち上げイメージCGを公開しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァルカンロケット

アメリカのユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)は2019年に初打ち上げを目標にした新型ロケット「ヴァルカン」を発表しました。ULAはロッキード・マーティン社とボーイング社の合弁事業でアメリカで使用されているアトラス、デルタロケットを製造しているメーカーです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ