ZAPZAP! 世界の面白いニュース

医療事故

image_339

強力な磁力を発生させるMRI。これにより人体の病気などを見つけることができる一方で、極稀ですが誤った使い方で死亡事故が発生しています。これは2021年10月韓国で発生したヒューマンエラーによる死亡事故になるのですが、どのように発生したのか当時の様子が明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_369

輸血をめぐる医療事故に関して、韓国メディアによると過去5年間に実に2万8000個の輸血に関して、汚染された輸血を用途し、その事実を知りながら投与した患者には知らせないという極めて問題のある行為が確認されたと報じられてます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_339

磁石がくっつく物をMRIに持ち込んではいけない。一般素人でも知っているような常識的なことがあろうことか病院で守られていませんでした。韓国の病院で先日、MRIを動作させたところ金属の酸素ボンベがMRIに吸い込まれ患者が死亡するという事故が発生しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_238

韓国で相次ぐ代理手術。医師免許をもっていない、医大などで専門教育を受けていないそこらの一般人レベルの人間が手術するという問題行為がまたも発覚したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_160

医療関係者などから死亡宣告されたものの生きていたという出来事は最近よく報じられているのですが、今回はブラジル。交通事故で遺体袋に入れられた男性について、事故の取材に訪れた記者により遺体袋が動いていることが発見され救助されたとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_31

生きているにもかかわらず死んだと判断される事例が昨年多く報告されましたが、今年初の事例としてアルゼンチンでは火葬される前に、当該人物が着用させていたマスクが動いているのを発見され一命をとりとめたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_7

蘇る死者…。ここ最近世界的なムーブメントになっているのか各地で遺体安置所で蘇る人間が複数報じられています。新たにそんな出来事がったのはマサイ族、自然動物、マラソン選手でおなじみのケニア共和国です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_121

最近、各地で報じられているのは「死亡した」と医師ら確認されたものの実は生きていたという人です。今回はインドで主治医から在宅死亡診断書が発行され冷凍庫に移されたものの、葬儀業者により生きていたことが確認されたと報じられています
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_104

今月21日メキシコの病院で死亡したと確認された赤ちゃんがなんと6時間後に運ばされた先の遺体安置所の冷蔵庫の中で奇跡的に生きているのを発見されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_120

数年に1回ほど報じられるのは、死亡が確認されたにも関わらず安置所などで蘇る例です。これに関して先日アメリカで死亡確認後に蘇った人が2ヶ月後に本当に死亡してしまったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ