ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:太陽

太陽系の恒星である太陽は11年周期で極大・極小を繰り返していることがわかっています。同じように見えて太陽も周期的に調子のいい時と悪い時を繰り返していることが科学的に明らかになっているのですが、これに関して樹木に残された年輪と放射性炭素から過去1000年間の太陽

よくわからない速度で太陽に向かっていったのはクロイツ群という巨大な彗星が砕けたことにより発生した小彗星です。彗星と太陽はどうなってしまったのか。今回は過去に大彗星となったクロイツ群についても簡単に紹介していきます。

イギリスの大学が開発した新たな太陽活動モデルから将来の太陽活動を予想したところ、なんと2030年代に小氷期に入る可能性が分かったと報じられています。このモデルについては予測と実際のデータと比較したところ97%一致する精度があるとのことです。

太陽にも大気圏が広がっていると言われてもピンときませんが、NASAが2006年に打ち上げた太陽観測衛星により、非常に厚い大気圏を持っていることがわかったとしています。