ZAPZAP! 世界の面白いニュース

太陽光発電

image_109

欧米に比べ、日本並に再生可能エネルギー普及率が低い韓国。その韓国では洋上に大量の太陽光パネルを設置し、合計2100MWという世界最大規模の発電所を計画しています。しかし、現在試験的に設置されているパネルが酷い水鳥の糞害により掃除が大変なことになっていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_182

近年日本でも屋根にソーラーパネルを設置する家庭が増えていますが、これに関してアメリカでは屋根作業における転落事故など、作業員の死亡件数も増加していると報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_103

最近何かと注目されている再生可能エネルギー。特にアメリカでは風力や太陽光、そして太陽熱など化石燃料や原子力に頼らないクリーンエネルギーが注目されています。世界的に見てもそのような傾向なのですが、ここに来て韓国電力公社が3年前にアメリカで投資した再生可能エネルギーに関して赤字を出し投資に失敗していたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_37

私達が普段口にする野菜や肉は人の手により開拓された広大な土地で生産されているのですが、米大学によるとこのような農耕地面積のわずか1%に太陽光発電システムを設置することができれば世界の電力需要を全て満たすことができる規模になるとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_44

山肌を覆い尽くすように設置された青色のパネル。見ての通り大量のソーラーパネルが設置されたと中国メディアが報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_8

あちこちに太陽光発電を行う建設されていますが、この太陽光発電による電気のコストに関して国際再生可能エネルギー機関が行った調査によると、2010年と2017年の比較で1kワット/時当たり7割も下落していたと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_71

近年、国内で生産される電力について火力や原子力ではなく風力や太陽光といった再生可能エネルギーで賄おうという計画が発表されています。韓国では現在生産されている電力量の7%程度の再生可能エネルギーに関して2030年までに20%まで引き上げ、発電量としては63.8ギガワットとする計画です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image32

再生可能エネルギーとして太陽光発電が注目されていますが、導入に力を入れているインドでは大気汚染により発電量が25%も低下させていると研究結果が報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_34

中国南部に位置する安徽省淮南市に建設されたのは湖面に浮かぶ形で発電を行うことができる浮遊式の太陽光発電所です。出力は原発1基のおよそ1/3、40MWとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image6

蛍光灯など照明機器が高速で点滅を繰り返す電圧フリッカ。見た感じでは故障を疑うような異常な動作に見えるのですが、近年、太陽光発電用パワーコンディショナ(PCS)という装置が原因とする電圧フリッカが九州電力全域で発生していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ