ZAPZAP!

宇宙

ブラックホール

大質量の天体が衝突する際に発生する『時空の歪み』を観測することができる重力波天文台。これについて、先日中間質量のブラックホールが誕生したと考える重力波を観測することに成功したと発表しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_108

地球上にいる数え切れないほどの微生物。私達人間であれば宇宙空間に晒されれば直ちに死亡するほどの脅威となるのですが、微生物を直接宇宙空間に晒すという実験を行った結果、なんと3年間も生き続けていたことが分かりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_92

大気圏の外側、一般的に宇宙空間を周回している様々な人工衛星の中には軍事用のものが含まれています。私達が直接利用する機会が多いGPSもその一つになるのですが、米軍によると有事の際に敵国の軍事衛星を使用不能にする方法として宇宙ゴミを発生させないクリーンな攻撃方法を考えている報じられています。(写真は対衛星ミサイル)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_98

米国カリフォルニア州にあるローレンス・リバモア国立研究所で行われた実験として、高エネルギーを固体炭化水素に照射することで地球上の大気圧の最大4億5000万倍という超高圧環境を作り出すことに初めて成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_68

明るくなったり暗くなったりを繰り返す恒星ベテルギウスの光度がここ最近とても暗くなったと報じられ、まもなく超新星爆発を起こすのではないかと様々報じられていました。一方で、最新の研究によると光度の減少はベテルギウスから放出されたプラズマが原因という研究結果が発表されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

bffbc268

2015年、小惑星探査機ドーンにより初めてその姿が明らかになった準惑星ケレス。最新の研究によると、この惑星で見つかった白い点は塩(炭酸ナトリウム)であることがわかり、現在地中に海の層がある可能性が高いことが分かったと発表されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_182

現在最遠の惑星といえば海王星ですが、その外側を公転していると言われているのは未知の惑星『プラネットナイン』です。少なくとも地球を超える質量があると考えられているものの発見には至っていません。一方で、この天体は小さなブラックホールである可能性が指摘されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

国内外の複数メディアによると、アメリカの民間企業スペースXがNASAとの契約の元で開発・打ち上げたクルードラゴンが本日未明、無事に地球に帰還することに成功したと報じられています。また民間企業が初めて宇宙飛行士を載せて無事に帰還させるという宇宙開発の歴史に残る日となりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

KELT-9b_1

これから本格的な夏を迎える日本。暑い夏がはやく終わってほしいと口にされている方もいらっしゃると思いますが、一方、系外惑星であるKELT-9bという天体はなんと1つの季節がたった9時間周期やってくる事がわかったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_93

重力崩壊を起こした天体『ブラックホール』。太陽よりも質量の大きい恒星が一生を終える過程で形成することが知られているのですが、このブラックホールから吐き出されたガス球について光の速度に近い速さで放出されていたことが分かったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ