ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:旅客機

ロシアがウクライナを侵略したことで欧米から制裁を受けているのですが、実は航空機についてその供給がすでに停止しています。そこで問題になるのは修理やメンテで定期的に交換が必要なスペアパーツですが使い果たしている航空会社も出はじめていると予想されています。

フェイクの発信源になっている各国の駐ロシア大使館。ここからは日夜様々な真偽不明の情報が発進されているのですが、過去に中国が拒否した西側旅客機のスペアパーツを「供給する準備ができている」などと主張しはじめていると報じられています。