ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:旅客機

新型コロナウイルスが原因で特に深刻になった海外への渡航。一方で人を載せて利益を得ている航空業界では致命的とも言える状況となっているのですが、一方で外国の航空業界では国内の観光客向けに体験飛行を初めて実施するなど変化が始まっていると報じられています。

近年注目されている超音速旅客機。現在、800~900km/h程度で飛行している旅客機とは異なり、その数倍の飛行速度で巡航可能な機体の開発が各国で進められているのですが、これに関して宇宙旅行の実施を目指している米ヴァージン・ギャラクティックが機体開発を発表しました。

長距離を最短で移動することができる旅客機。その間、快適にすごせるようサポートしてくれる客室乗務員が複数搭乗しているのですが、先日アメリカでこの客室乗務員が機内で死亡するという出来事があったと報じられています。

現在運用されている旅客機は音速を超えることはありませんが、一方で世界各国で開発が進められているのは極・超音速機です。これに関してNASAは宇宙旅行を目指しているヴァージン・ギャラクティックと機体の開発に向けて支援を行う提携が結ばれたと報じられています。