ZAPZAP!

旅客機

image_73

韓国でも記録的な猛暑に見舞われているのですが、先日5日仁川空港では散水車を投入し滑走路に水を撒くという作業が行われたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_47

世界中を飛び回る旅客機のほぼ全ては化石燃料を消費しているのですが、JAXAはそのようなジェットエンジンではなく電動で動くファンを搭載した電動旅客機の技術開発を目指す組織を設立したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカン航空_7

今月3日、アメリカン航空の旅客機が雹と衝突したことでコックピットのガラスを含む機体前方部が大破するという航空事故が発生したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

A319-100_8

中国の複数メディアによると四川航空の航空機が離陸後、上空でコックピットのガラスが完全に割れてしまうという出来事があったと伝えられています。これにより計器の一部が脱落し、一部報道によると操縦士が吸い出されそうになったとも伝えられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Xプレーン NASA

私達が乗ることができる最も高速の乗り物といえば旅客機です。しかし、これらは全て亜音速となっておりマッハを超えた飛行速度は出していません。そこでNASAは将来的に音速を突破できる旅客機の研究・開発を目指し航空大手ロッキード・マーティンに試験機の開発を委託したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

GE9X_1

400人を乗せ14,000kmを無着陸で飛行できる性能を持つ新型双発旅客機ボーイング777X。機体はまだ就航していないものの、先日この機体に搭載される次世代エンジン「GE9X」の初飛行が実施されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_10

現在運用されている有人航空機の多くがジェットエンジンを搭載しています。これは数人乗りの小型機も同様なのですが、ノルウェーでは片道1時間半以内の便について将来的に電動化を目指すと発表しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイング737

世界の空を今も飛び回る数々の旅客機。その中に必ずボーイング737が含まれていることでしょう。アメリカの航空大手ボーイングは今月1万機目の737型機の製造を終えギネス記録を達成したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

PTERA

次世代の旅客機はどのような形になるのか飛行速度や形状など想像は増すばかりですが、今回は航空機の主翼に関する研究です。NASAでは『スパンワイズ適応翼』という両端を上下にポッキリと折ることでより優れた翼を得ようと研究を進めています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Boom Technology

私達が利用することができる最速の乗り物は旅客機です。飛行速度は900km/h程度なのですが、この旅客機について音速つまり時速1225kmを超える『超音速旅客機』の運行が将来予定されています。日本航空(JAL)は機体を開発しているBoom Technologyに出資し2020年代の導入を目指すと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ