ZAPZAP! 世界の面白いニュース

有人月面探査

Kilopower

現在誰も住んでいない月。探査機などが周回している程度になるのですが、世界最大の宇宙機関でNASAは今後10年以内に小型原子炉を設置し電力の生産を始めると発表しました。もちろん設置の理由は、有人月面探査です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image44

現在NASAが進めているのは再び有人月面着陸を実施するという計画です。これは最終的に有人火星着陸を目指すアルテミス計画に追加された計画になるのですが、着陸を一年延期した2025年に再設定したことなど、現在の対応に「楽観的すぎる」とNASA監査局が報告書を提出しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_105

地球に最も近い天体月。最近、この天体を利用することで例えば深宇宙を目指したり、宇宙観測に使用するという案がでているのですが問題はそこでどのように暮らすのかです。最近、人間に必要な酸素について「月の表面に大量の酸素がある」という研究が発表されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image11

2020年代にも再び有人月面着陸を実施することになったNASA。これに関してその着陸船開発に不採用になったのはブルー・オリジンら数社の機体案です。このことを受けてNASAを訴えたものの、当然棄却となったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルームーン_1

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、有人月面探査における着陸船開発にスペースXを選定したことを受けて、訴訟を起こしたブルー・オリジンが原因で一連の探査が今後遅れると発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_105

最も高度かつ洗練された軍隊をもつアメリカ。その活動範囲は地球全体になっているのですが、問題は今後アメリカの国益が『月』達した場合です。これに関して、軍隊の活動範囲が宇宙、特に今後活動が盛んになる月にまで達する可能性はあるのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_42

最近注目されている月。その背景には今後行う宇宙開発が絡んでいます。アメリカを中心とした日本や欧州陣営は既に月面基地開発を行うことは発表していたものの、先日、これに対抗するように中国とロシアが共同で月面基地開発を行うと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_28

2024年頃に再度有人月面着陸を行うとしているアメリカ。日本のJAXAもかなり興味を示しており日本人初の月面着陸の機会も伺っているのですが、この月面着陸を成功させる着陸船に関して、NASAはスペースXのスターシップの派生型を選定し、JAXAの予算の約2年分となる29億ドルという巨額の契約を結んだと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_43

中国が今後実施を予定しているのは有人月面探査です。アメリカも中国やロシアの有人月面探査に影響され結果的に再度有人月面探査を実施する流れになったのですが、この中国の宇宙計画について最近新しい有人打ち上げを行うロケットが発表されたと報じられています。(写真は無人月面探査計画の資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイングの月着陸船_1

アメリカ中心となり2020年代にも再び有人月面探査を実施する計画に関して、航空大手ボーイングがライバル企業とは異なるNASAが開発しているロケット1回で打ち上げ可能なものを発表したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ