ZAPZAP!

有人月面探査

image_43

中国が今後実施を予定しているのは有人月面探査です。アメリカも中国やロシアの有人月面探査に影響され結果的に再度有人月面探査を実施する流れになったのですが、この中国の宇宙計画について最近新しい有人打ち上げを行うロケットが発表されたと報じられています。(写真は無人月面探査計画の資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイングの月着陸船_1

アメリカ中心となり2020年代にも再び有人月面探査を実施する計画に関して、航空大手ボーイングがライバル企業とは異なるNASAが開発しているロケット1回で打ち上げ可能なものを発表したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

国際宇宙ステーション引退を控え次なる宇宙開発としてアメリカが計画しているアルテミス計画に関して、日本の内閣府宇宙政策委員会はこの計画に正式参画する方針を明らかにしました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_105

アメリカが今後開発する月軌道の宇宙ステーションから発進する有人月面着陸船に関して、この着陸機の部分に関してJAXAが開発を担う構想が明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_18

アメリカのマイク・ペンス副大統領は先日、国家宇宙評議会の場でこれまでオバマ大統領が発表していた宇宙計画を撤回し再び有人月面探査を実施する計画を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_12

国内の複数メディアによると宇宙航空研究開発機構(JAXA)はアメリカの計画に参加する形で日本人の有人月面探査を2030年に実施すると報じられています。有人宇宙船を保有していない日本がどのように月面に向かうのか。アメリカが建設しようとしている『月の宇宙ステーション』を中継基地にするという案で構想が進んでいるとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_18

中国が当面の目標としている有人月面探査計画について、最大で6人が搭乗できる次世代宇宙船を開発し2030年を目処に中国初の有人月面探査を実施すると中国国営紙が報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ