ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:核兵器

ヴァルキリーという愛称で知られ今も絶大な人気を誇っているのはアメリカ空軍が試作した大型爆撃機XB-70です。機体は最高速度マッハ3を出せる超音速戦略爆撃機なのですが、今回は製造中に撮影されたという貴重な写真を紹介していきます。

アメリカで運用されるほぼすべての戦闘機・爆撃機で運用可能な核兵器。これに関して、核爆発の爆風を避けるため水平飛行から機体を引き起こし背面飛行に移るまでに核爆弾を放り出すという攻撃方法がとられていたそうです。

核弾頭を搭載し敵国を文字通り破壊することができる弾道ミサイル。実はこれに関して1960年代にソ連が開発していた様々な弾道ミサイル、もしくは核を搭載可能ないくつかの兵器に関してまともに試験もされていないフェイク兵器を堂々と披露していたことが明らかになりました。

韓国の複数メディアによると、韓国の与党(共に民主党)で国会外交統一委員会という人物が北朝鮮及びイランの核保有に関して「アメリカは核を持ってるのに北朝鮮やイランに持つなと言えるのか」などと謎の擁護を連発し、国内で波紋が広がっていると報じられています。

過去6回の核実験を行った北朝鮮。特に最後に行われた2017年9月のものは核出力が250キロトン、広島型原爆の16.6倍ほどの威力あったとされているのですが、これら北朝鮮の核兵器について米朝首脳会談以降も生産を続け2018年以降に15発程度ほど新規生産した可能性があると国連が

北朝鮮がここ数年相次いで実施していた弾道ミサイルの発射と核実験。これに関してトランプ大統領に対して行ったインタビューをまとめたボブ・ウッドワード氏の書籍『RAGE(怒り)』では、なんと北朝鮮に対して80発の核兵器を使用するという内容が盛り込まれていたと報じられ