ZAPZAP!

極超音速機

image_101

アメリカの民間宇宙開発企業、ストラトローンチ・システムズが運用を目指しているのはロケットを空中発射する専用機『ロック』。これに関して、先日2回目の試験飛行に成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_164

現在運用されている旅客機は音速を超えることはありませんが、一方で世界各国で開発が進められているのは極・超音速機です。これに関してNASAは宇宙旅行を目指しているヴァージン・ギャラクティックと機体の開発に向けて支援を行う提携が結ばれたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_93

イギリスのリアクション・エンジンズにより発案され開発が進められている真のスペースプレーンである機体に搭載するエンジン『セイバーエンジン』に関して、最も開発が困難とされたプレクーラー熱交換器に関して大気圏内での飛行速度となるマッハ5に相当する速度での作動に合格したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_93

イギリスのリアクション・エンジンズが開発しているのは単体のエンジンでこれまで不可能だった水平離陸からの極超音速飛行、さらに宇宙に行き来きを可能とするエンジン開発です。これはセイバーと呼ばれているのですが、このエンジンに関して新しい仕様の開発が進んでいると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ