ZAPZAP!

火星有人探査

火星の住居

アメリカではNASAが2030年代の有人火星探査計画を発表しているのですが、数週間火星地表で滞在する間の住居はどのような案があるのでしょうか。今回は有力候補とする『氷の住居』が報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_59

先日、スペースXが火星移住計画として2024年に打ち上げるインタープラネタリー・トランスポート・システムを発表しました。一方、アメリカ航空宇宙局(NASA)は2030年代半ばに同じく火星有人着陸を計画しているのですが、ロケットを開発しているボーイングは「有人着陸は我々が先になるだとう」と主張しているとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

レッド・ドラゴン_1

アメリカのスペースXが2018年に打ち上げるという初の火星へ無人探査計画について、NASAが開発した機器は搭載されず2020年以降に初めて搭載されると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_46

アメリカの民間宇宙ベンチャー『スペースX』は自社が開発したロケット及び宇宙船を使用し2024年に有人火星探査を実施すると発表しています。仮にこの計画がスケジュール通りに進んだ場合、火星に一番乗りするのはスペースXの宇宙船ということになりそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

マーズベースキャンプ_1

航空宇宙大手、米ロッキード・マーティンは火星への有人探査を実施するにあたってその活動拠点となる軌道上基地を設置するとういう構想を描いていることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

21世紀のニール・アームストロングは誰になるのか。アメリカ航空宇宙局(NASA)は有人火星探査に向けて新しい宇宙飛行士を募集する求人を開始すると報じられているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_4

行きはよいよい帰りは怖い?NASAが計画している火星への有人探査計画について、現地で帰還用の燃料を作る必要があるなど極めて困難な問題が複数立ちはだかっていそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_1

アメリカが特に力を入れているのは火星へ有人探査計画です。現在、この計画の実現に向けてロケットや宇宙船の開発が進んでいるのですが、最近火星地表サンプルを地球に持ち帰るというサンプルリターンミッションの明らかにしているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ