ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:火星

火星から行って帰ってくる往復のミッションは片道250日。これが現在化学ロケットを使用した想定なんですが、アメリカでは火星まで僅か30日で行くことができるという次世代エンジンが開発されています。

アメリカの非営利団体、インスピレーション・マーズ財団が人類の火星接近飛行(火星旅行)を計画を発表したのを機に、火星が注目されてつつあります。今回はこれまで構想された火星へ人類を送る計画はどのようなものだったのか紹介していきます。