ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:火星

地球から赤い星として見える火星。4年に1回大接近し、そのタイミングで地球から火星に向けて多くの探査機が打ち上げれます。これに関して将来、火星への有人探査(旅行)を計画しいてるスペースXのイーロン・マスクCEOは、多くの人が死ぬ可能性があると口にしています。

夜空に赤く輝く天体…これは間違いなく火星ですが、実はこの火星から飛び散った細かい塵が太陽系全体に撒き散らされており、地球に到達するほど大量に存在していることがわかったとしています。この観測は火星の由来の塵が衝突した木星探査機により初めて明らかになりました

北極と南極を中心に時点している火星。実はこの火星の地軸に関して原因は明らかになっていないものの200日ごとに10cmほどズレが生じているそうです。この観測結果は地球以外の惑星では初めて観測されました。

人類を初めて地球以外の天体に送り込むことに成功したアポロ計画。しかしこれ以降、私達人類の探査は地球低軌道に留まり半世紀以上も停滞した状態になっています。一方で、月や火星などの有人探査が計画されているのですが、米大学教授は宇宙飛行士の安全を確保するには宇宙

太陽系を公転する岩石惑星の多くには隕石が落下した時に形成されたクレーターを発見できます。地球上では侵食が発生するためそれほど多く残されてはないのですが、今回は火星からちょっと面白いクレーターをいくつか紹介していきます。

古代、地球と同じ用に水を湛えいてたと考えられている火星。現在地表からその姿は確認できないのですが、欧州の探査機によると現在も火星の地下深くに液体の水が存在している可能性が示された報じられています。

赤く乾燥した大地が広がる火星。一方で液体の水の痕跡や氷の存在は既に確認されていたのですが、アメリカのとある科学者によると、火星では季節によって地表に液体の水溜まりができる可能性があると発表しています。

今年7月に打ち上げに向け準備が進んでいるのは『マーズ2020』とこれまで呼ばれていた新たな火星探査車『パーシビアランス』です。この探査車には地球外の天体で初めて運用する回転翼を搭載したドローンを運用する計画で先日探査車への搭載作業が終了したと報じられています。