ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:火星

人類が地球以外の天体から土壌サンプルを持ち帰った例はアポロ計画や日本のはやぶさ(小惑星)、彗星の塵を回収した程度と数少ないのですが、アメリカが2020年代に実施を計画している火星土壌のサンプルリターン計画について「2020年代に送り返すのは難しい」という内容をNASA

イーロン・マスク氏率いるスペースXではスターシップという超大型宇宙船を使用した火星への有人飛行を計画しています。彼はこれまでも将来的に火星に都市を建設するという夢を語っているのですが、現在どのような計画で進んでいるのか、まるでSF映画のような構想が発表されて

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2004年7月に火星に着陸して以降現在運用を続けていた火星探査車オポチュニティの運用を終了すると正式に発表しました。同探査機は昨年6月に発生した火星を覆う砂嵐により通信が途絶えた状態となっていました。

2004年1月25日、今から15年前に着陸し昨年まで活動していた火星探査ローバー『オポチュニティ』。大規模な火星の砂嵐により通信が途絶したことに関して、現在も復帰は出来ておらず厳しい状況が依然として続いていることが明らかになりました。

アメリカ航空宇宙局(NASA)が送り込んだ火星探査機インサイトに関して、火星の風音を初めて送信することに成功したと発表しました。ただ、この音については観測装置を使用した振動音としており、私達が地球上て聞いているような風の音とは異なります。

アメリカ航空宇宙局によると東部時間11月26日午後3時、半年前に打ち上げられた火星探査機インサイトに関して火星地表への着陸に成功したと発表しました。現在火星地表で活動している探査機はオポチュニティ、キュリオシティ、インサイトの3機となりいずれもアメリカ製となっ

将来、人類が移住できる天体として注目されている惑星、火星。この火星について地中や内部の活動がいったいどうなっているのか詳細に観測を行う探査機インサイトが来週到着する予定です。今回は到着前に、一体どのような探査が予定されているのか紹介していきます。