ZAPZAP! 世界の面白いニュース

ロシアの犬の名前、政治家で多いのはトランプ

ワンちゃんのエサやり、ご家庭によって2回、人間と同じように3回与えているところも多いと思います。これに関して1万匹以上の犬を調査した結果、1日1回のエサやりが最も健康に良いことがわかりました。ただし研究者はこの結果を受けてエサやり回数を変える必要はないと説明しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image258

犬猿の仲などという言葉がありますが、海外メデイアによると最近インドで犬が小猿を殺したという出来事が発生して以降、両者間で殺し合いの抗争に発展していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image232

日本では機関や市民らの活動で数が少なくなった野良犬。一方で海外では野良犬が問題になる事例も報告されているのですが、今回は韓国です。済州島という韓国最南西に位置する島では2000匹もの野良犬により被害が報告されているとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image6

Youtubeに日々投稿されている様々な動画。しかしその中には演出、つまりその状況を予め作り投稿されるという劣悪なものが存在します。Youtubeでは最近、投稿可能な規約が改定され『嘘の動物の救出系』の動画は禁止行為となり、投稿そのものが禁止となりました。これについてネット上では肯定的な意見が多く寄せられていました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_107

愛犬家、愛猫家からすると犬や猫は家族も同然。それは子供や親にも匹敵するほどの存在になるのですが、そんなワンちゃんがいなくなってしまったという中国で、迷子の犬を探してほしいという張り紙が話題になったと報じられています続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス_1

新型コロナウイルスが流行りだして軽く1年が経過したものの、未だに根絶できるような状態ではないのですが、これに関して感染しいてるものの全く症状がでない無症状感染者について、探知犬を使った訓練ではなんと80~90%の確率で発見できると報じられています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_82

新型コロナウイルスがペットにも感染するという事例は既に去年の今頃には報じられていたのですが、これに関して、最新の2つの事例でも人からペットの猫に感染した強力な証拠になっていると研究結果が明らかになりました。そして、ペットに感染したウイルスが突然変異する可能性があり今後注意が必要だと促しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_190

海外から持ち込まれる新型コロナの変異種。そのルートは物理的に日本では空と海以外方法はないのですが、感染した人をリアルタイムで見つけるというのはほぼ不可能です。一方で、それが可能なのはコロナ探知犬です。しかもその精度はほぼ100%とも言われています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_74

犬といえば走りまわるイメージがあるのですが、下半身に障害のある犬はそれができません。しかし、タイのとある施設では下半身が動かない犬たちによる犬レース(散歩)が毎日行われているといいます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_101

失明や足の切断など合併症を起こす糖尿病。これに関してペットと飼い主に関する調査結果として糖尿病を患うペットはその飼主も糖尿病になっていることが多いと研究家が報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ