ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:病気

これまでいくつか珍しい病気を治す薬として極めて高価なものは紹介してきましたが、今回アメリカで新たに承認された薬はなんと1回の投与額が350万ドル、日本円で4億8000億円という額になっています。ちなみに従来の治療では生涯に30億円近いお金と通院という手間がかかります

世の中には極めて高価な薬が存在します。その一つが脊髄性筋萎縮症(SMA)治療剤となる「ゾルゲンスマ」と呼ばれるものです。なんと1回の投薬で2億円もするという桁違に高いものなのですが、韓国では保険適用がされることで約60万円にまで負担が減ったとのことです。

遺伝的にガンを患いやすい家系というのは科学的にもどうやら認められているところなのですが、これに関してリンチ症候群の遺伝子を受け継いだ子孫が引き起こしやすい、食道がん、胃がん、膵臓がんといった上部消化管ガンに関して、毎日30gのレジスタントスターチ摂取で大幅に

特に高齢者が患うアルツハイマー病。何が原因となっているのか根本的な発生メカニズムがよくわかっていないのですが、米大学は説の一つとして歯周病菌の一つであるフソバクテリウム バリウムに原因があると主張してます。