ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:自衛隊

大陸に接していない日本に侵攻してくる敵の敵部隊の上陸手段としては海そして空からとなるのですが、この訓練が行われている陸上自衛隊の貴重な訓練が国会議員のツイッターで発表されているので紹介していきます。

日本に明確に攻撃の態度を見せた場合、外国の基地を攻撃することに関して今月8日、河野太郎防衛相は最小限の措置(攻撃)で、他に防御手段がない場合は「憲法上、自衛の範囲に含まれ可能だ」と説明していたことが明らかになりました。

現在運用されている90機あまりのF-2の後継機として2030年代に運用を目指すとしているステルス機F-3に関して、防衛省は『日本主導による国際共同開発案』について今後取りまとめる方針で検討に入ったなどと報じられています。

日本の安全保障政策や防衛力の規模を定めた『防衛計画の大綱』に関して、5年ぶりに見直しが行われることになりました。それによると、目立となる多用途運用母艦、いわゆる強襲揚陸艦や軽空母などとも言われる大型艦に関して導入を検討する文言を盛り込む提言案をまとめたと報

アメリカのロッキード・マーティンが中心となり開発された垂直離着陸が可能なステルス機『F-35B ライトニングII』に関して導入する方針を固めたなどと報じられています。加えて強襲揚陸艦にあたる多用途防衛型空母も新造することも明らかになりました。(写真はアメリカの強襲