ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:航空機

企業や組織が利用者に親しみ得るためキャラクターを作るというのはよく行われていますが、上海に本社を置く春秋航空公司は航空会社としては非常に珍しい、最近のスマホゲーでありがちなモリモリ2次元キャラをデビューさせたと報じられています。

戦闘機が離陸する歳、バリバリと空気が割れるような騒音がでるのですがこれがアフターバナーです。戦闘機には標準装備となっているのですが、一般的な民間機にはなぜアフターバナーを搭載しないのでしょうか。実は過去、アメリカの沿岸警備隊が搭載していたことがあるそうで

各国で運用されている政府専用機。アメリカでは大統領が乗り込む機体はエアフォース・ワンと名前になるのですが、これに関して、アメリカ カリフォルニア州のスタートアップ企業Exosonicは大統領や副大統領が使用することもできるという機体を開発中だと説明しています。