ZAPZAP! 世界の面白いニュース

衛星インターネット

プロジェクト カイパー

アメリカを中心に大量の人工衛星を打ち上げ、アンテナ端末と電源があればどこでもインターネットがつながるという夢のような事業について、アマゾンが来年にプロトタイプとなる衛星インターネット用の人工衛星を打ち上げる計画があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_184

アメリカを中心に人工衛星を用いたインターネット通信、スターリンクが既に始まっているのですが人工衛星を用いたネット接続というサービス自体は新しいものではありません。そんな中、ソフトバンクは2022年中に月500円以下の超低料金でどこでもインターネットに繋がる衛星通信サービスを始めると報じられています。ただし、回線速度はアナログ電話回線以下です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_64

アメリカの民間企業スペースXが構築を目指している全地球規模の衛星インターネット網構築計画について、現在アメリカで先行的に行われている試験段階におけるインターネットの接続速度など非公開のデーアが公開されていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_109

インターネットショッピング大手『アマゾン』は、地球上どこでも利用できる衛星インターネットを構築に向けて3,236基の人工衛星打ち上げを計画していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_64

現代文明に必要不可欠なのはインターネットです。世界を結ぶインターネットは海底の光ファイバーケーブルや一部は衛星間などで行われているのですが、スペースXが計画している1万2000機あまりからなる衛星インターネット網に関してFCCより認可が下りたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_774

アメリカの民間宇宙企業スペースXは今後約12,000基という桁違いの人工衛星を打ち上げ新たなインターネット網を構築しようとしています。これに関して今後6年以内に打ち上げを目指す1,600基あまりをより地球に近い軌道で運用する案を示していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペースX

これまで人類が打ち上げた人工衛星の総数を遥かに上回る数の通信衛星を打ち上げ、地球全体でどこでもインターネットに接続できるスペースXのスターリンク計画。今回は具体的にどのような方法で運用されるのか人工衛星のスペックなどを紹介していきます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_52

ファルコンロケットの打ち上げなど、民間宇宙開発企業として注目されているスペースXが計画しているのは衛星インターネット計画「スターリンク」です。先日、この事業に関してアメリカ連邦通信委員会(FCC)の承認が得られ実行に移されることになったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_30

最近の宇宙の話題といえば「二言目にはスペースXが出てくる」そんな勢いのある企業なのですが、今回もスペースXに関する話題です。実はこの企業、安価なロケットだけではなく4000基以上の通信衛星を打ち上げ地球上どこにいても『低遅延』『超高速』のインターネットに接続できるサービスを計画しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image1

様々なデータがインターネット上を駆け巡り地球の裏側の出来事もリアルタイムで誰でも見ることができる時代になりましたが、誰もが利用しているインターネット網について宇宙空間に構築するという理由からスペースXは4425機の人工衛星打ち上げを行うとしてアメリカ当局に申請していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ