ZAPZAP! 世界の面白いニュース

認知症

image_255

アルツハイマー型認知症を引き起こすアミロイドβやタウと呼ばれる特殊なタンパク質。現在このようなタンパク質が何から作られるのかがよくわかっていません。一方で、アミロイドβに関して肝臓から生産されているという研究が進められていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_62

様々な種類のコーヒーが販売されていますが、このコーヒーに関して大規模な調査結果として1日6杯など大量に摂取する人はそうでない人に比べ認知症になる可能性が急速に高まるという研究結果が発表されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image63

私達が普段様々な匂いに接していますが、実はこれに関してミシガン州立大学医学部疫学の教授は嗅覚が低下した人は肺炎を起こしやすくその入院率も50%も高くなることがわかったと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_38

高齢者の病として今も治療が難しい認知症。その原因はアミロイドβとタウタンパク質が異常に蓄積することで発生するのですが、このうち記憶障害が発生するときに蓄積が始まるタウタンパク質について実は男女差があり、特に女性が遥かに多く溜め込んでいることが分かったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_131

記憶が衰える認知症。具体的に何が原因となっているのかはよくわかっていないのですが、早ければ40代から発症することもあるという早発性認知症に関して アミノグリコシドという既存の抗生物質が有効であるという研究結果が伝えられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_46

ケーキやパン、スナック菓子からジャンクフードまで様々な製品に多く含まれているトランス脂肪酸。最近この成分が問題視しはじめその代表的な存在であるマーガリンではトランス脂肪酸が少ないなどとわざわざ表示するメーカーもあります。一方、米神経学会によるとこのトランス脂肪酸がアルツハイマー病をはじめとした認知症を誘発する可能性があるという研究を発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_83

未だに根本的な原因がよく分かっておらず発症後の治療が難しい認知症。この認知症に関してドイツの研究チームは血液検査を用いることで認知症にかかる可能性を16年前から診断することが可能とする研究結果を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_52

認知症を発症する原因のうち6割がアルツハイマー病が原因になっていると言われている一方で、何が原因でアルツハイマー病を患うのか様々な説があるのですが、日本では成人の8割が感染しているという慢性歯周病の病原体『ポルフィロモナス・ジンジバリス』が関係しているという証拠を見つけたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1d13f132

認知症を引き起こすアルツハイマー病に関して何が原因でそのような病にかかるのか未だに謎が多いのですが、その原因の一つとしてヘルペスウイルスが関与している可能性があるという研究が報じられています続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルペスウイルス

人物や時間、ちょっと前に何をしたのかも忘れてしまうなどの記憶障害をもらたらすアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)。特に高齢者が患う病として様々な研究が行われているのですが、その原因の一つとしてヘルペスウイルスの感染が発症に関与している可能性があるという研究が報告されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ