ZAPZAP! 世界の面白いニュース

軍事

image_267

欧米で開発が始まっている第6世代戦闘機。特にアメリカではどのような形になるのか明らかになっていないのですが、先日航空軍需大手のロッキード・マーティンの試験場で未確認の機体が試験されている様子が撮影されたとして話題になっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_146

次世代兵器として一部で運用されているのはレーザー兵器です。これに関してアメリカ空軍は戦闘機に搭載可能なサイズまで小型化したレーザー兵器に関して、飛行中を再現できる風洞施設で実験を進めていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

B-21_3

アメリカ空軍が保有する爆撃機として最新型となるB-21。この機体はノースロップ・グラマンが開発中の機体になるのですが、現在の進捗状況について米空軍は現在5機生産していると発表したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_245

その飛行能力や他にはない柔軟な積載力などから、様々な装備が搭載される輸送機。これに関してアメリカ空軍が運用する特殊部隊作戦機となるMC-130Jにフロートを搭載し、水上から運用可能にする機体が現在開発されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_168

日々高まりつつあるドローンによる攻撃。これに関して各国はドローンを無力化したり、場合によっては撃墜するミサイルやレーザーが開発しているのですが、そんななかインドが開発したという兵器が撮影されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_241

オーストラリアに対して事あるごとに必要以上に圧力をかけていた中国。結果、オーストラリアの軍事力増強に繋がりました。オーストラリア政府によると、先日の原潜導入に引き続き、駆逐艦で運用するトマホーク巡航ミサイル、空軍向けにステルス巡航ミサイルJASSM-ERの導入を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_240

2008年に米空軍から退役したF-117。世界初の実用・量産ステルス機としてその強烈な見た目から、映画など描かれる機体なのですが、これに関して非公式に飛行していることが航空ファンの間で長年噂されていたのですが、先日、防総省のサイトで運用している様子が初公開されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_235

水面下で動く対中包囲網。その一つとして今回、オーストラリアがアメリカ、イギリスから技術提供を受ける形で将来的に事実上、原子力潜水艦を保有ことになりました。ただ、あくまで動力が原子力というもので、オーストラリアとしては「核兵器の保有はしない」としています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_232

アメリカで近年、数多く目撃されているF-117。アメリカが配備した世界初の実用型ステルス機になるのですが、先日F-117がカリフォルニア州の軍民空港に着陸し、SNSで話題になったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_223

先日北朝鮮が発表したのは、北朝鮮版トマホークとも言われる巡航ミサイルです。しかし、このミサイルに関して1500kmあまり飛行したと発表されたものの、日米韓それぞれの当局はこのミサイルに検出に失敗した可能性があると言われています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ