ZAPZAP! 世界の面白いニュース

軍事

クイーンエリザベス

今月20日、日本とイギリス防衛相が共同記者会見を開き、2021年末頃にイギリス海軍の哨戒艦(空母ではない)2隻を遠くはなれたインド太平洋地域に配備することが決定されたと報じられています。この配備については一時配備などではなく『恒久的』という表現が用いられてます。(画像はクイーンエリザベス空母)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Su-67_5

ロシア現地時間20日、同国の国際航空展示会『MAKS-2021』が開催され、単発ステルス戦闘機『チェックメイト』が正式発表されました。動機は人工知能など最新技術が組み込まれており、初飛行は2023年、将来的に無人型や複座型も開発を予定しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Su-67

今月20日から開催されるロシアの航空ショー『MAKS 2021』。これに合わせて、同国のスホーイ社が開発を進めている単発ステルス戦闘機が登場するといくつか写真がでいてたのですが、先日この機体を映した動画が投稿されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_189

現代の戦争は精密誘導爆弾を含むミサイルの戦争になっていますが、このようなミサイルについてはミサイル同士が通信し合うということは行っていないそうです。そこで、英国国防省は飛行中のミサイル同士が通信できる新しいシステム開発を行うため480万ドル(4.8億円)規模の投資を行ったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシアの単発戦闘機_1

MAKS-2021というロシアの国際航空宇宙展示会で初披露されるのはロステック傘下のスホーイが開発した単発軽ステルス戦闘機です。これに関して、覆われた状態の機体が目撃され注目が集まっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アフガニスタン_米軍撤退_13

米同時多発テロ以降、実に20年もアフガニスタン軍と共に戦っていたアメリカ。今年9月中に完全撤退を終えるとしているのですが、既に撤退が始まっている基地ではアメリカ軍が運用していた装甲車など大量の物資がそのままで撤退を始めているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_7

軍の精鋭として各国の部隊に存在する空挺兵。先日特殊部隊が上空から落下傘効果を行う訓練を行ったところ、結果として民家の屋根を貫く形で落下するという事故があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_163

ロシア国防省などが共同で共同で行ったカムチャッカ半島に対する調査で、これまで発見されていなかった第二次世界大戦中に墜落したアメリカの爆撃機を複数発見したと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_129

ロシア海軍が運用している唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」に関して、再就役が再延期されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-3 第6世代

2030年代ごろに配備を目指す、日本の次期主力戦闘機F-3に関して、機体の性能に直結するエンジンの開発について、イギリスの航空エンジン大手となるロールス・ロイスと部分的な共同開発を行うと国内メディアが報じています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ