ZAPZAP! 世界の面白いニュース

電気自動車

ヒュンダイ電気自動車コナ炎上相次ぐ_2

韓国のヒュンダイ自動車が販売している電気自動車「コナ・エレクトリック」が炎上するなどのトラブルが世界各地で相次いでいることに関して、1000億円規模のリコールが発生している件について負担割合の合意がされたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_124

韓国国内外で相次いで火災事故を発生させているのはヒュンダイ自動車が開発した電気自動車コナです。これに関してバッテリーそのもののリコールとなったのですが、そも費用が推定で9億ドル、日本円で900億円以上という膨大な額になっておりいったい誰が負担するのかという話題が取り上げられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_120

電気自動車の最大の欠点は充電の遅さです。これに関して中国政府の奨励を受け電気自動車メーカーはバッテリパックそのものを乾電池のように5分で交換する方式を採用し費用として1万5500円の月額固定で6回の交換、追加で1回ごとに1580円で電池を交換するというプランを発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_34

先日、トヨタが2030年代にエンジンだけを搭載した車の販売を停止すると報じられるなど、近年注目されている電気自動車。日産のリーフをはじめ街中でもよく見かけるようになりましたが、今回はこれら電気自動車について冬になると著しくバッテリー性能が低下する問題について取り上げた記事を紹介します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_46

韓国メディアによると、韓国内で販売されたヒュンダイ自動車の電気自動車を含む4つの車種に関して特定の動作時にブレーキが正常に動作しなくなると不具合が確認されたとしてリコールを行うことになったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒュンダイ コナ 炎上

韓国の複数メディアによると、今月17日ヒュンダイが開発した電気自動車『コナ』が炎上する事故があったと報じています。コナは今月4日にも炎上事故が発生したばかりでした。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒュンダイ電気自動車コナ炎上相次ぐ_2

二酸化炭素を排出しないという理由で欧米では人気とされる電気自動車。東アジアでもプラグインタイプなど様々な車種が販売されているのですが、一方で韓国のヒュンダイ自動車が2年前に販売した『コナ』という電気自動車で炎上事故が相次いでいると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_146

アメリカ企業、ルシード・モータースは来年販売するモデルとして、1回の充電で832km走行可能な電気自動車の予約を今月開始しました。このモデルは1分の充電で最大32km走行可能とするなど電気自動車の欠点を解決しつつある車輌になっていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_36

近年、エコブームということで電気自動車を街でも見かけることがあるのですが、韓国で先日バッテリー残量が少ない状態で坂道を登っていたところ突然車がバックし壁に衝突する事故が発生したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_768

欧州といえば他の国々よりも電気自動車が普及しているというイメージがあるのですが、そんな国の一つオーストリアでは国内の大気汚染レベルでガソリン車の最高速度が引き下げられるという措置が発表されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ