ZAPZAP! 世界の面白いニュース

韓国の宇宙開発

image_365

先日打ち上げに失敗した韓国の国産ロケット『ヌリ』。このロケットは韓国の独自技術で開発したなどと説明していたものの、この開発に携わった生き証人が、「ロシアのエンジニアが落としたり捨てた資料を分析して作った」などと公にするという理解し難いことを行っていることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_363

先日21日、韓国の羅老宇宙センターから打ち上げられたヌリという3段式ロケットの打ち上げに失敗したことに関して、人工衛星の投入ができなかった理由は3段目が通常よりも46秒早く燃焼を終了し、速度が得られなかったことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_353

今月21日韓国の全羅南道高興の羅老宇宙センターから打ち上げられた国産ロケット『ヌリ』初号機に関して、ダミーペイロードを衛星軌道にのせることができず、打ち上げは事実上失敗したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヌリロケット

韓国メディアによると、国産ロケットとして開発したロケット、ヌリ初号機について10月21日に打ち上げ予定が設定されたと報じられています。このロケットは国内の技術を多く使用したもので、事実上の国産ロケットとなっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

fdfdf7c7

韓国の複数メディアによるとロシアが中心となり開発され、韓国から打ち上げられた羅老(ナロ)というロケットに関して、ロケットのパーツを含む部品10点が鉄くずとして売却されたもののその後買い戻される出来事があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヌリロケット(2段目)

近年、韓国では『ヌリ』というロケットの試験打ち上げに成功するなど、地域的な理由から制限されていたこともあり遅れをとっている宇宙分野に関して韓国はアメリカのNASAに似た『宇宙庁』の設立を目指しています。しかし、実質は『宇宙局』レベルになっている、いくつかなど問題があると指摘されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Blue Whale-1_1

アメリカを中心に民間企業がロケットを開発するという取り組みが多く発表されているのですが、先日韓国のベンチャー企業であるペリッジーエアロスペースが重量約1.8トンのロケット、ブルー・ホエール 1を来年7月に打ち上げると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_51

近年熱くなっている月探査計画に関して韓国が2020年にも打ち上げるとしていた軌道船および着陸機に関して2022年7月に延期されたと報じられています。原因は搭載するこれら探査機の重量が重くなりすぎたことにあるとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_49

韓国が2021年にも運用を目指す『ヌリ』というロケットに関して、先日ロケットの2段目にあたる部分の打ち上げを実施し試験に成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヌリロケット(2段目)

韓国が開発を進めている国産としては最大のロケット『ヌリ』に関して、搭載されたエンジンの試験として規模を縮小した打ち上げを今月28日に実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ