ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:韓国の軍事

韓国メディアによると、韓国の駆逐艦に対して低空威嚇飛行を行っていると主張している件について韓国軍関係者は今後同様の飛行が続いた場合、兵器システムを使用した警告射撃を実施する可能性があると報じています。

国内外の複数メディアによると、韓国の合同参謀本部(国防部)が2019年1月23日時点で日本側が自国の駆逐艦に対して3回の威嚇的な飛行を行っており、「明白な挑発行為」などと過去に北朝鮮が核実験等を行った時にしか使用しない言葉を用いて日本側を非難していることが明らかに

韓国メディアによるとSM-3という弾道弾迎撃ミサイルに関して、国会国防委員会で昨年の時点でイージス駆逐艦で運用に向けた研究を行っているとしており事実上導入が決定されたなどと報じられています。また合わせてイスラエルが配備しているようなロケット攻撃などから首都圏

韓国で開発が進められているKFX(KF-X)という次世代戦闘機開発に関して最新のデザインが発表されました。しかし、非ステルス機と同じような兵装取り付け位置になっているなど早速問題が指摘されています。その理由は元々第5世代戦闘機ではなく『安価なステルス機』として開発