ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

タグ:DARPA

現在物体を高高度の宇宙に飛ばすには液体燃料を燃焼させるロケットエンジン、そして火薬を用いた固体燃料のロケットエンジンがあります。見た目は異なっても基本構造はこの2つとなっているのですが最近アメリカなどを中心に開発されているのはこれらとは異なる回転んデトネー

アメリカ航空宇宙局NASAはアメリカ国防省の米国防高等研究計画局(DARPA)の計画の元、世界初となる宇宙で運用する核熱ロケットエンジン、つまり原子力ロケットエンジンの試作機を打ち上げると報じられています。

次世代兵器を始め様々な新しい軍事技術の取得など興味深い開発を行っている国防高等研究計画局(DARPA)。この組織が最近『LibertyLifter』という、車輌を搭載可能な双胴水上輸送機の開発を行うとしています。

より効率よく物資を輸送するロケットとして最近注目を集めているのは通常の化学反応を使用するものではなく、原子力(熱)を利用した推進装置です。アメリカでは今後、宇宙の様々な場面で原子力が運用を目指しているとされているのですが、今回は開発が進められている核熱推進

近年軍事分野で広く使用されることになった無人機。主に偵察分野で運用されることが多いのですが、これに関してアメリカのDARPA『国防高等研究計画局』は戦闘機で運搬することができる空対空ミサイルで武装したドローンの開発を進める計画を明らかにしました。

Amazonで注文した商品が自宅に届く宅配とは異なり人工衛星を打ち上げるロケットに関しては実際に打ち上げるまでには準備に最低でも数ヶ月を要します。一方、アメリカ国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)はこの期間を大幅に短縮するべく、打ち上げまでの日数をわずか数日しか