ZAPZAP! 世界の面白いニュース

ESA

テミスロケット

最近のロケットのトレンドといえば再使用です。ロケットを部分的にも回収し再使用することで打ち上げコストを大幅に抑えることができる特徴があります。これに関して欧州宇宙機関ESAは『テミス』と呼ばれている再使用ロケットに貸してタキシングテストに成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_131

今後本格的に始まる月を中心とする惑星探査に関して、欧州宇宙機関はその月面探査車、ローバーについてミルレム・​ロボティクスと契約し広範囲を走行距離にして数百キロという次世代探査技術の獲得を目指す予定です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベガロケット

欧州宇宙機関(ESA)によると、現地時間今月10日打ち上げられたベガロケット15号機に関して、離陸してから約2分後に予定された軌道から外れ打ち上げに失敗したと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_25

私達が生きるのに必要不可欠な地球の大気。実はこの大気について、夜空に輝く月の軌道よりも遥かに外側、地球直径の実に50倍近くまで広がっていたことが最新の観測により明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


image_77

最近注目さている宇宙開発といえば月です。これは中国も月の裏側で植物を発芽させたなどと報じられていたように今後の本格的な開発が進むとされているのですが、欧州宇宙機関(ESA)が2025年までに月で採掘を行う計画を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペース・ライダー_1

欧州宇宙機関(ESA)は再利用可能な無人輸送船『スペースライダー』に関して、2021年に試験打ち上げを実施すると発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_20

今月25日、ESA(欧州宇宙機関)が運用する大型ロケット「アリラン5」が打ち上げられ欧州版GPS『ガリレオ』の衛星4基を予定された軌道への投入に成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_61

地球を周回する人工衛星は軌道を維持する必要があるため小型のエンジンと燃料が搭載されています。このシステムについて欧州宇宙機関は宇宙空間の極めて薄い大気を集め加速させるという従来とは異なる次世代エンジン『大気吸込式イオンエンジン』の開発に成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

エクソマーズプロジェクト

欧州宇宙機関(ESA)がロシアのロスコスモスと共同で進めているのは『エクソマーズ』という探査車を火星に送り込む計画です。既に2018年の打ち上げから2020年に延期されたプロジェクトなのですが現在どのような開発状況なのか紹介していきます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アリアン5

宇宙に物資を打ち上げるロケットは複数存在していますが、その中でもトップレベルの出力を誇るのは欧州宇宙機関『ESA』が運用しているアリアン5というロケットです。今回は珍しい映像とアリアン5ロケットについて紹介します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ