ZAPZAP!

F-35

image_62

戦闘機の行動範囲を大きく伸ばすことができる外部燃料タンク。これは翼の下や胴体に接続する形で運用されるですが、F-35専用の燃料タンクは実は未だに開発されていません。これに関してイスラエルは2年以内に実用化すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_102

何かとトラブルを引き起こしまくっているという印象があるF-35。また運用コストが高く、機体も高いなどとコストパフォーマンスに優れないという内容も多く見かけるのですが、このような自称専門家を含めた人たちに対して元米軍ベテランパイロットが反論しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35F135

ステルス戦闘攻撃機として空軍型、海軍型、そして垂直離着陸が行える海兵隊型の3タイプが開発されたF-35。実はこの機体についてエンジンが原因で来年までに最悪の場合20%が使用停止になる可能性があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35A-F-35B

高いステルス性能を誇るF-35。一方でステルス性能を捨てる形で大量の兵器を搭載することができる『ビーストモード』も行うことができる新しい時代のステルスマルチロールファイター機です。これに関して先日イタリア軍ではF-35AおよびBによる珍しいビーストモードによる飛行が行われたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_62

飛行しながら燃料を補給を行う空中給油。車で言えば高速道路上を走るタンクローリーから直接燃料補給を行うような技術になるのですが、先月末この空中給油に失敗し補給機に接触したF-35Bが墜落する事故があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_129

以前から航空自衛隊の機体が運用する長距離ミサイルの導入計画が進められていると報じられていたのですが、防衛省が2022年3月までにこれらミサイルを納入することが決定されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_102

第5世代ジェット戦闘機として莫大な予算を投じ開発されたF-35。結果的に高価な機体となってしまったのですが、これに関してイギリスは現在導入予定のF-35について半分程度にまで減らす可能性があると報じられています。(写真は米軍機)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_33

同じような形状をしているものの、通常離陸型、垂直・短距離離陸型、空母艦載型と3つのタイプが存在するF-35。先日、艦載型であるF-35Cが発艦後あやうく墜落しそうになる映像が公開されたのですが、実は意図的にこのような試験を行っていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_208

海外の複数メディアによると、現地時間19日午後21時30分頃、世界各国で導入が始まっているステルス戦闘機 F-35A ライトニングIIが墜落する事故があったと報じられています。(画像は参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image32

日本を含め所謂西側諸国で導入が進められている最新鋭のステルス戦闘攻撃機F-35。実はこの機体に関して昨年11月時点で873もの欠陥がある状態だと指摘されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ