ZAPZAP!

F-35

image_62

飛行しながら燃料を補給を行う空中給油。車で言えば高速道路上を走るタンクローリーから直接燃料補給を行うような技術になるのですが、先月末この空中給油に失敗し補給機に接触したF-35Bが墜落する事故があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_129

以前から航空自衛隊の機体が運用する長距離ミサイルの導入計画が進められていると報じられていたのですが、防衛省が2022年3月までにこれらミサイルを納入することが決定されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_102

第5世代ジェット戦闘機として莫大な予算を投じ開発されたF-35。結果的に高価な機体となってしまったのですが、これに関してイギリスは現在導入予定のF-35について半分程度にまで減らす可能性があると報じられています。(写真は米軍機)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_33

同じような形状をしているものの、通常離陸型、垂直・短距離離陸型、空母艦載型と3つのタイプが存在するF-35。先日、艦載型であるF-35Cが発艦後あやうく墜落しそうになる映像が公開されたのですが、実は意図的にこのような試験を行っていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_208

海外の複数メディアによると、現地時間19日午後21時30分頃、世界各国で導入が始まっているステルス戦闘機 F-35A ライトニングIIが墜落する事故があったと報じられています。(画像は参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image32

日本を含め所謂西側諸国で導入が進められている最新鋭のステルス戦闘攻撃機F-35。実はこの機体に関して昨年11月時点で873もの欠陥がある状態だと指摘されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35SG

現在、運用されているステルス機としては最新鋭機となるF-35シリーズに関して、シンガポール軍は短距離・垂直離着陸機『F-35B』の導入に関してアメリカからの許可が得られたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35A_消化泡_1

従来の機体と置き換える形でアメリカを始め日本や韓国でも導入が始まっているF-35。この機体に関して先日オランダ空軍に初号機が納入されたものの思わぬハプニングが発生したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35A

大型の戦闘機であれば空気が破れるような激しい騒音を撒き散らしがなら飛び立つのですが、アメリカでF-16などの後継機として開発されたF-35に関して周辺住民からの騒音苦情が少なかったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35 ドラッグシュート_1

最新鋭のステルス戦闘機F-35。この機体には運用上の理由から一部の機体にはドラッグシュートという着陸の際に仕様する減速用のパラシュートが搭載された機種があります。実はこのドラッグシュートについて欠陥が発覚し運用しているノルウェー空軍は早期の修正を求めていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ