ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:F-35

現在配備されている戦闘攻撃機として最新型となるF-35に関して緊急時にパイロットを機外に発射する射出座席に点火しない不具合が見つかったと報じられています。具体的には発射するために必要なカートリッジが脱落していたことが確認されているとのことです。

不運にも墜落するなどして壊れてしまう機体が存在します。特に航空機は事故により飛行不能になったり場合によっては修理不能に能になる被害が出ることがあります。しかし、未だに数が少ない貴重なF-35は墜落した機体であっても数億円レベルの価値があるといいます。

F-35が抱えている潜在的な問題、それは航続距離です。実はF-35には一般的な戦闘機が翼の下に搭載する外部燃料が存在していません。つまり遠くまで飛行することができず高価な空中給油機を配備する必要があるですが、イスラエルがこの航続距離の問題を解決したなどと報じられ

最新鋭のステルス戦闘機として世界各国で運用されているF-35。当然F-22とは異なり工程も機械も方法もありとあらゆるものが異なっているのですが、今回は主翼表面を作っている様子が公開されたので紹介していきます。

今月24日、南シナ海で行っていた大規模な合同訓練でアメリカ海軍の空母艦載機であるF-35Cが着艦に失敗し墜落した事故について事故直前の動画がインターネット上に公開されました。

今月24日、アメリカ海軍の空母艦載機が着艦に失敗し負傷者を出した事故について、海に墜落した直後と考えられる写真がネット上に流出していると報じられています。