ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:F-35

現在アメリカなど複数国が運用している世界初となる多国籍配備型のF-35。この機体に関してどこの国かは明らかになっていないものの特注となるF-35の導入計画があり、資金を開発資金を受け取ったと報じられています。

アメリカや日本など西側で多く採用され始めている有人ステルス戦闘機としては最新型となるF-35に関して、北欧のフィンランドはHXプログラムとして次期戦闘機計画ついてF-35を選定したと報じられています。

高度にデジタル化された現代の航空機。旅客機をなど墜落しない地上のコックピットトレーナーでの訓練は必須になっているのですが、今回は戦闘機です。ロッキード・マーティンは従来よりも9割も接地面積を小さくした同じコックピットトレーナーを開発したと報じています。

先月中旬、地中海でアメリカと共同で訓練を行っていたイギリスのクイーン・エリザベス級航空母艦の艦載機F-35Bが墜落した事故について、どのような状況で墜落したのか事故当時の映像が流出したと報じられています。

最新鋭のステルス戦闘機F-35で運用されいてるのはパイロットが使用する特殊なヘルメットです。これはヘッドマウントディスプレイを内蔵しているもので、これによりF-35のコックピットではガラス板のようなヘッドアップディスプレイが撤去されています。しかし、なぜ一つあた