ZAPZAP! 世界の面白いニュース

タグ:F-35

同じような形状をしているものの、通常離陸型、垂直・短距離離陸型、空母艦載型と3つのタイプが存在するF-35。先日、艦載型であるF-35Cが発艦後あやうく墜落しそうになる映像が公開されたのですが、実は意図的にこのような試験を行っていると報じられています。

海外の複数メディアによると、現地時間19日午後21時30分頃、世界各国で導入が始まっているステルス戦闘機 F-35A ライトニングIIが墜落する事故があったと報じられています。(画像は参考資料)

日本を含め所謂西側諸国で導入が進められている最新鋭のステルス戦闘攻撃機F-35。実はこの機体に関して昨年11月時点で873もの欠陥がある状態だと指摘されています。

最新鋭のステルス戦闘機F-35。この機体には運用上の理由から一部の機体にはドラッグシュートという着陸の際に仕様する減速用のパラシュートが搭載された機種があります。実はこのドラッグシュートについて欠陥が発覚し運用しているノルウェー空軍は早期の修正を求めていると

アメリカが中心となり開発されたF-35。最新鋭のステルス戦闘機として日本でも配備が進められていのですが、先日フロリダ州で行われたF-35の展示飛行についてコックピット内から撮影された貴重な360度映像がSNS上にアップロードされ注目を集めています。

大量の戦闘機などが滑走路にずらりと並んだ写真。この手の軍事系の写真ではお馴染みのものなのですが、これはエレファント・ウォークという大量の機体を短時間に離陸させる方法で即応性が求められる時に実施されるものです。先日この訓練にはじめて短距離・垂直離着陸機のF-3

現在配備されている機体としては最新鋭のステルス戦闘機F-35。配備が間もないこともあり実戦経験はほとんど積んでいないないのですが、先月末米空軍はF-35Aを用いて初の空爆任務を実施したと報じられています。