ZAPZAP! 世界の面白いニュース

―世界のニュース、面白く分かりやすく。時事問題、サブカルチャーまで。毎日更新中

タグ:XQ-58

アメリカで開発が進む『安価かつ撃墜をある程度想定した無人機』安価損耗型攻撃実証機LCASDとして作られたクラトス XQ-58 ヴァルキリーに関して、海軍型のB型は電子戦装備を備えた敵防空制圧(SEAD) の役割を果たす目的として開発されることが明らかになりました。写真は電子

安価かつ撃墜されることも考慮に入れたローコストの無人ステルス攻撃機、XQ-58。一方で有人機に付いそきロイヤル・ウィングマン『忠実なウィングマン』として開発も進んでいるのですが、この機体に関して飛行性能が更に向上しているという内容が報じられています。